• ガスメーターはガスの使用量を表示する以外に、内蔵されたセンサーや
    コンピューターによって異常を感知した時その状態を表示しガスを止めてくれます。

    安全機能その1

    ガスを消し忘れてしまった時。

    ※ガスを止める時間は器具によって異なります。

    例・・火に鍋をかけたまま忘れる等の長時間使用。



    安全機能その2

    ガスの流れる量が異常に多い時。

    例・・ガス給湯器の温度を急に高くした。


    安全機能その3

    震度5以上の揺れを感じたとき。

    ※ガス使用中に限ります。

    例・・外壁工事で振動が大きかった。


    安全機能その4

    長時間わずかな漏れを検知した時。

    ※表示のみでガスは止まりません。


  • ☆ ガス警報器とガスメーターが連動している場合、警報器がガス漏れを検知すると
  • メーター遮断します。
  • (ガス警報器の近くで匂いのあるスプレーを使用した時など、まれに警報器が検知して
  • ガス止めをする事があります)

  • ☆ ガスメーターには復帰ボタンがありますが、燃焼器具の消し忘れ以外でガスが止まった場合は
  • 復帰せず、弊社までご連絡お願い致します。

  • ☆ 復帰ボタンを押した後、約3分間待ってから燃焼機器を使用して下さい。
  • 押してすぐ使用するとまたガス止めになります。復帰作業後またガス止めになる場合は
  • 弊社までご連絡をお願いします。